Blog

2019/08/25

今の時代のSEO

 

SEOとは…

Search Engine Optimization
(検索エンジン最適化)
GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索したとき、自分のwebサイトを上位表示させるための処置のことです。

ひと昔前のSEOには、「裏技」「小技」がありました。

本文に上位表示されたいキーワードをたくさん入れたり、被リンクを大量にお金で買ったり、隠しテキストとしてキーワードを詰め込んだり…

あれから検索エンジンは進化を続け、こういった小手先のテクニックは、もう通用しない時代となりました。不自然な被リンクやキーワード率のサイトにはペナルティを課されることもあります。

では、今の時代はどんな技でサイトを上位表示させたら良いのでしょうか?

今の時代のSEOで大切なのは、
・優良なコンテンツ
・被リンク
この2点です。

優良なコンテンツとは、訪問者が有益な情報を得られること。

例えば、パラパラのチャーハンを作るコツを知りたい人が、「チャーハン パラパラ コツ」と検索したとき、昔の検索エンジンは、この3つのキーワードがよりたくさん出てくるページを上位表示させていました。
しかし、最近の検索エンジンはより精巧なアルゴリズムにより、そのページの「質」を見極め、よりパラパラチャーハンのことを分かりやすく詳しく書いていて、既に他のユーザーからも評価の高い(被リンクがついている)ページを上位表示させているということです。

被リンクとは、優良なコンテンツについてくるもの。

被リンクは、他のサイトからリンクを貼られていることですが、被リンク数が多いことはSEOの長い歴史の中で常に最重要です。
ただ、被リンクは良いコンテンツのあるページが自然と獲得するものなので、結局はコンテンツが重要ということになります。

最近ではコーポレートサイトでもその分野の辞典やコラムやブログなどを作っている企業も多いですよね。
これは、コンテンツを充実させユーザーに満足してもらう目的もありますが、ユーザーが求めている情報を見つけた時にそれを共有するためにリンクを貼ってくれることも期待しています。普通のコーポレートサイトに対してリンクを貼ってくれるユーザーは少ないのでこのような工夫が必要になります。

是非ご相談ください。

弊社が制作するWebサイトではブログのように簡単に記事を増やせる機能を導入できるので、自社でコツコツと情報発信をすることで、SEOに強いサイトに成長させることができます。今の時代のSEOをお考えの方は是非ご相談ください。

 

ライバルとなる他社サイトも同じように努力している場合、すぐに検索順位が上がるということはありませんが、残念ながらこれからの時代のSEOに近道はありません。地道にコツコツがんばりましょう!

 

Recent

Archive

Archive

恐竜超世界から思うこと

迷惑メール、スパムメール対策